体にいい美容情報

矯正歯科でブリッジは嫌 

矯正歯科というと、歯の表面にワイヤーをかける『ブリッジ』という治療を思い浮かべますよね。子供ならまだしも、大人ではブリッジをつけて生活するというのは審美上難しいという方が多いと思います。特に営業やモデルなど、ブリッジがあると仕事に差し障るという人は多いでしょう。しかし、最近の矯正歯科はその点は向上しており、歯の裏からブリッジを当てて表からは見えないようにしたり、寝るときだけの補正器具を作り、それを一日の内の決まった時間使い続けるといった代わりの方法があり、敷居が低くなりつつあります。

矯正歯科に受診するときの注意点 

歯医者の中で矯正歯科が行えるところが存在します。こうした歯医者では、保険証を使用した保険診療が可能かどうかは確認をした方がよいでしょう。なぜならば、見栄えをよくするためだけの矯正に関しては、健康保険証の使用が出来ません。したがって、全額患者が治療費の負担をしなければならなくなります。一方、矯正歯科により歯並びを良くする必要が医学上において認められる場合には健康保険証が使用出来ますから、医療費を安くすることが出来るわけです。

© Copyright 美容と健康を支える成分. All rights reserved.